新着情報

全国初 秋田市を流れる太平川 で「内水被害等軽減対策計画」を登録 -流域治水政策関連 国交省NEWS-

2024年4月5日

全国初 秋田市を流れる太平川 で「内水被害等軽減対策計画」を登録 -流域治水政策関連 国交省NEWS-
国交省公式サイト リンク→https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo05_hh_000203.html

以下、国交省公式サイトより引用→
=====

⃝ 令和 5 年 7 月豪雨により、雄物川水系太平川流域の中・下流部に位置する秋田市街地では、
大規模な内水被害が発生したことから、流域のあらゆる関係者が連携し、内水被害の軽減を
図ることを目的に、今般、秋田県と秋田市が連携し、太平川流域(秋田市街地)における「内
水被害等軽減対策計画」を策定し、国土交通省において登録を行うものです。
⃝ この太平川流域(秋田市街地)における「内水被害等軽減対策計画」は、令和6年度の制度
創設後、全国初の登録となります。
⃝ 今後、国土交通省として、『太平川における内水被害等軽減対策計画』に基づいて実施する
河川・下水道事業について、重点的な財政支援に努めてまいります。

<計画の概要>
太平川における内水被害等軽減対策計画
全体計画額 :約428億円
対象期間 :令和6年度~令和14年度
計画策定主体 :秋田県、秋田市
※全体計画額については、今後変更となる可能性があります。

←ここまで
=====

新たな国の制度「内水被害等軽減対策計画」の全国初の登録が、東北秋田県・秋田市のを流れる雄物川水系太平川流域となったとのことです。
令和5年の豪雨災害により秋田県では大雨、洪水により甚大な被害がありました。
これを機により一層流域治水の様々な施策が進み、ハード面・ソフト面の整備、流域の水害対策が促進され、住民の安心・安全が守られるようになれば幸いです。

以下 4月5日建設新聞社発行 建設新聞1面記事引用・出典

□関連記事

国土交通省「流域治水オフィシャルサポーター」に認定いただきました。(令和6年5月24日)

「阿武隈川水系釈迦堂川等・逢瀬川等・谷田川等流域9河川の特定都市河川指定について(令和6年3月26日指定)」ー流域治水政策関連ー

「阿武隈川水系尾袋川、小田川等の特定都市河川指定について(令和6年3月22日指定)」

「吉田川・高城川の特定都市河川 指定について」 -流域治水政策関連-

「最上川水系石子沢川の特定都市河川 指定について」 -流域治水政策関連-

流域治水~みんなのアクションで、流域が安全になる~ 【国土交通省公式YouTube(MILTchannel) より】

計画的な施工で冠水・浸水の被害を防ぐ ~ジチタイワークスVol.10特集記事掲載(2020年6月発行)~

国土交通省の施策 「流域治水の推進」とは?(参考)

国土交通省の施策「特定都市河川浸水被害対策法」とは?(参考) 

線状降水帯とは?

国土交通省 国土地理院 『地点別浸水シミュレーション検索システム(通称:浸水ナビ)』のご紹介

気象庁災害情報システム「キキクル(危険度分布)」のご紹介

国土交通省「川の防災情報」について ご紹介

「阿武隈川上流 流域治水シンポジウム」へ参加しました。

「一関遊水池事業50年の集い」を聴講させていただきました。

「江合・鳴瀬・吉田川 流域治水シンポジウム」へ参加しました。

「流域治水推進モデル事業(仙台市宮城野区福田町エリア)ー流域治水政策関連ー」 

「雨水浸透阻害行為の許可申請について - 福島県 -」

「特定都市河川に係る雨水浸透阻害行為の許可申請について - 宮城県 -」

「特定都市河川に係る雨水浸透阻害行為の許可申請について - 仙台市 ―」