ニュース

計画的な施工で冠水・浸水の被害を防ぐ ~ジチタイワークスVol.10特集記事掲載(2020年6月発行)~

2021年4月23日

ジチタイワークスVol.10(2020年6月発行)(発行元:㈱ホープ)に、東京都武蔵野市の防災、危機管理の取り組み『計画的な施工で冠水・浸水の被害を防ぐ・貯留浸透施設の埋設によりゲリラ豪雨への備えを強化』との特集記事で積水テクノ成型(株)クロスウェーブ工法ご紹介、掲載いただきました。

___________

「計画的な施工で冠水・浸水の被害を防ぐ」
頻発する豪雨や台風等の影響で、下水道が大量の雨水を処理しきれず、地上に溢れ出すトラブルが各地で発生している。そうした豪雨被害の軽減を目指し、武蔵野市は雨水貯留浸透施設の導入を進め、安心安全なまちづくりに取り組んでいる。

下記リンクより特集記事をぜひご覧ください。⇒
*ジチタイワークス(WEB)Vol.10(2020年6月発行)抜粋・転載)[提供]積水テクノ成型株式会社 クロスウェーブ工法