新着情報

「逢瀬川流域及び谷田川流域の特定都市河川・特定都市河川流域の指定について (令和6年7月1日指定)」ー流域治水政策関連ー

2024年7月10日

「逢瀬川流域及び谷田川流域の特定都市河川・特定都市河川流域の指定について(令和6年7月1日指定)」ー流域治水政策関連ー

以下、最新(7月1日現在)福島県の公式サイトよりの引用です。流域治水政策関連の最新のNEWSについてご紹介いたします。

====
流域治水の本格的な実践に向けて、県では令和3年11月に改正された特定都市河川浸水被害対策法(以下「法」という。)に基づき、令和6年7月1日に一級河川阿武隈川水系逢瀬川等の3河川、同水系谷田川等の2河川を特定都市河川に指定しました。

今後、各河川において、河川管理者・流域市町村の長・下水道管理者等からなる流域水害対策協議会を組織し、河川整備の加速化に加え、流域における貯留・浸透機能の向上、水害リスクを踏まえたまちづくり・住まいづくり等の浸水被害対策を流域一体で計画的に進めるための流域水害対策計画の策定を進めてまいります。

また、指定後、流域内において一定規模以上の宅地にする行為等については、河川への雨水の流出増加を抑制するための対策を義務付ける運用が開始されます。

(引用ここまで)

====
□詳細については
福島県公式サイトをご覧ください。

リンク→https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41025a/tokuteitosikasen.html

また、郡山市役所の公式サイトをご覧ください。
リンク→https://www.city.koriyama.lg.jp/soshiki/126/98913.html

====

郡山市内を流れる逢瀬川流域3河川、谷田川流域2河川、周辺地域が対象となります。福島県内では令和6年3月26日に一級河川阿武隈川水系釈迦堂川等の9河川の指定以来2か所目とのことです。

これを機により一層流域治水の様々な施策が進み、流域の水害対策、防災対策が加速化され、住民の安心・安全が守られるようになれば幸いです。

建設新聞社2024年7月2日号13面記事より引用・出典

□関連ページ
国土交通省 「全国流域治水MAP」

「特定都市河川の指定による流域治水の実践」とは?ー流域治水政策関連

「阿武隈川水系釈迦堂川等・逢瀬川等・谷田川等流域9河川の特定都市河川指定について(令和6年3月26日指定)」ー流域治水政策関連ー

「阿武隈川水系尾袋川、小田川等の特定都市河川指定について(令和6年3月22日指定)」

「吉田川・高城川の特定都市河川 指定について」 -流域治水政策関連-

「最上川水系石子沢川の特定都市河川 指定について」 -流域治水政策関連-

流域治水~みんなのアクションで、流域が安全になる~ 【国土交通省公式YouTube(MILTchannel) より】

計画的な施工で冠水・浸水の被害を防ぐ ~ジチタイワークスVol.10特集記事掲載(2020年6月発行)~

国土交通省の施策 「流域治水の推進」とは?(参考)

国土交通省の施策「特定都市河川浸水被害対策法」とは?(参考) 

線状降水帯とは?

国土交通省 国土地理院 『地点別浸水シミュレーション検索システム(通称:浸水ナビ)』のご紹介

気象庁災害情報システム「キキクル(危険度分布)」のご紹介

国土交通省「川の防災情報」について ご紹介

「阿武隈川上流 流域治水シンポジウム」へ参加しました。

「一関遊水池事業50年の集い」を聴講させていただきました。

「江合・鳴瀬・吉田川 流域治水シンポジウム」へ参加しました。

「流域治水推進モデル事業(仙台市宮城野区福田町エリア)ー流域治水政策関連ー」 

「雨水浸透阻害行為の許可申請について - 福島県 -」

「特定都市河川に係る雨水浸透阻害行為の許可申請について - 宮城県 -」

「特定都市河川に係る雨水浸透阻害行為の許可申請について - 仙台市 ―」

「特定都市河川に係る雨水浸透阻害行為の許可申請について - 山形県 ―」

全国初 秋田市を流れる太平川 で「内水被害等軽減対策計画」を登録 -流域治水政策関連 国交省NEWS-
特定都市河川に係る雨水阻害行為の許可申請関係について ー福島県・宮城県・仙台市・山形県ー
「逢瀬川流域及び谷田川流域の特定都市河川・特定都市河川流域の指定について‐福島県郡山市-令和6年7月1日」