ニュース

「水災害リスクを踏まえた防災まちづくりのガイドライン」~国土交通省 報道発表資料より~

2021年2月27日

【いのちとくらしをまもる防災減災】
国土交通省より「水災害リスクを踏まえた防災まちづくりのガイドライン」について作成・公表されています。
気候変動により増大する水災害リスクを踏まえた防災まちづくりを推進していくとのことですので下記リンクより詳細をご覧ください。

_______
「水災害リスクを踏まえた防災まちづくりのガイドライン」の概要
国土交通省治水部局やまちづくり部局など関係者が連携して防災まちづくりに取り組むことができるよう
以下の項目について基本的な考え方を提示
①多段階の頻度における浸水想定や河川整備前後の浸水想定等の防災まちづくりに活用できる水災害に関するハザード情報の充実
②ハザードの特性や地域の状況に応じた地域ごとの水災害リスクの評価
③水災害リスクの評価に加え地域の持続可能性やまちづくり全体との総合的なバランスを考慮した防災まちづくりの方向性の決定
④水災害リスクが存在する区域におけるリスクを軽減又は回避するための総合的な対策の検討及び地域の関係者との合意形成
⑤流域・広域の視点からの関係者の連携体制の構築人材の確保・育成等

(出典:国土交通省HP 報道発表資料 より)